Windows7のサポート終了期限が迫る中、企業などでもWindows7搭載のPCが数多く存在しているだろう。Windows7は2020年1月14日でMicrosoftからのサポートが終了することが公式で発表されている。


images


サポートが終了してしまったOSではセキュリティー上の脆弱性が発見された場合でも一切の更新プログラムの配布もされなくなり、大変危険な状態でPCを使い続けることになります。

Windows10搭載のPCであれば、年に2回の大型更新をしていればサポートを受け続けることができます。2016年に行われたWindows7・Windows8.1使用者を対象としたWindows10への無償アップグレード期間に一度でもWindows10をインストールしたことのあるPCであれば、再度無料でWindows10にすることができます。無償アップグレード期間に一度もWindows10化していないPCは有料でOSライセンスを購入する必要があります。

サポート終了後でWindows7搭載PCの使い道

セキュリティー上の危険があるだけなので、インターネットに接続しない環境であれば今まで通り、Windows7PCを使うことができます。大容量のストレージを載せているPCも多いでしょう。更に、今まで撮った写真や動画などが入っているかもしれません。なので、ネット環境から隔離してひっそりと使うようなことなど、色々使えます。

インストールされているExcelやWordで資料作成したり、ネット接続を必要としないゲームもできます。


Windows10へのアップグレード方法を説明

先ほども書きました通り、無償アップグレード期間に一度でもWindows10をインストールしたことがあれば再度アップデートできます。例外としてWindows10Proのダウングレード権を行使してWindows7をインストールしていたPC、元のOSがWindows8またはWindows8.1だったPCでは現在も無料でWindows10にアップグレードすることができます。

まずは、Windows10のインストールメディアを作成します。
Windows10 のダウンロード(新規タブで開きます)
上記サイトでMedia creation toolをダウンロードします。

しばらくすると、このような画面が出ます。
set1

set2
ライセンス条項を読み、同意をクリックします。

set3
現在使用しているPCをWindows10にアップグレードするときは上の「この PCを今すぐアップグレードする」を、使用しているPC以外にWindows10をインストールする場合には下を選択します。このインストールメディアは使いまわすことができます。

set4
次に言語の設定などをします。アーキテクチャは32ビットか64ビットかの選択ができます。「両方」にすることで、OSのインストール時に32bitをインストールするか、64bitをインストールするかを選択できるようになります。
set5
インストールメディアの保存先を指定しあす。USBメモリーまたはDVDのどちらかを使用します。
set6
USBメモリを選択した場合、内部のデータは全てフォーマットされてしまいます。ご注意ください。


これでメディアの作成は終わります。次にPC側のBIOS設定ですが、機種によって操作方法が違います。取扱説明書などで確認してください。初期設定方法は以下のブログで紹介しています。